So-net無料ブログ作成
検索選択
アンコールワット03.jpg

1人で参加しても追加料金を取られないカンボジアツアー [リボーンプログラムについて]

一人で参加すると追加料金が発生するツアーが一般的。料金表を見ると憂鬱になります。でもリボーンプログラムというツアーは追加料金がいりません。

最近メディアでもよく紹介されているのでご存知ですよね?

このツアー素敵なところはたくさんありますが、料金体系がシンプルでお手頃なこともその一つだと思います!だからリボーンプログラムに参加する人のうち、半分の50%が“お一人様”

たった一人のために、通常ツアーと同様に1台の専用車を貸し切り、専属のスタッフがツアーを案内します。もちろん“お一人様”だからといって他ツアーのように追加料金が発生する事もありません♪

お一人様でも他の参加者と全てのプログラムにおいて、一緒に案内されることはない。つまり「完全プライベートツアー 」なのです。って、最高じゃないですか!例えば他の参加者と到着日時がかぶって同じだったとしても、まったく別々に案内されるわけです。しかも、それぞれに専属のガイドさんが付いてくれます。だから、他の人との会話のわずらわしさもないし、マイペースで行動できるワケ。

これも、「全てのお客様にゆっくりと、誰にも気兼ねすることなくプログラムをご堪能いただくため」というツアー主催者のビジョンによるものです。そのような素敵すぎるツアーが本当にあるなんて信じられないですよね。ごもっともです。

素直にステキーと思った方もウソに決まってる!と疑い深い方もこちらをご覧ください。
リボーンプログラムのご案内


nice!(0) 

カンボジアで携帯やデジカメの充電はできるのか? [カンボジア旅行豆知識]

海外旅行で気がかりなことの一つにスマホやカメラなど電子機器のバッテリー不足ですよね。ちゃんと充電できれば問題ないけれど、心配だからと言って予備の電池を持っていくのは大変。

カンボジアの場合、携帯電話等の充電器のアダプタ部分に「対応電圧100-240v」と記載されているものなら変圧器が無くてもそのまま使えることができます。

カンボジアのコンセントの形状と日本のコンセントの形状とは若干異なりますが、日本と同じ二股プラグを差し込めるコンセントがホテルの客室内にあったりしますので利用できます。

もし変圧器が必要な場合でも、ツアーのスタッフさんに言えば貸してくれます。しかも、タダなのでありがたい・・・

ということで心配しなくても大丈夫!

nice!(0) 

完全プライベートで楽しめるカンボジアツアー [リボーンプログラムに参加するには]

リボーンプログラムに参加するにあたって、いろいろと不安になります。そんな時はサイトがとても参考になりました。情報量がとても多いんです。ずいぶん迷って、石橋を叩きまくって、納得してから参加を決めました。

特にQ&Aと体験談。

これまで主催者に寄せられた質問と回答が載っています。それから体験談が参考になりました。読むと結構自分の疑問や心配が解消しますよ。みなさん同じように不安だったんだなということを知って安心します。

やっぱり女性が1人で知らない海外の国へ旅行をすることって不安だけで当然ですよね。言葉の問題や手荷物は何を持って行ったらいいのかとか、ビザはいるのとか、ベストな季節や時期はとか。いろいろとあげるとキリがありません。そんな時はサイトを見ると答えが載っていたりします。

それに、問い合わせのフォームから質問すると希望すれば現地のスタッフが電話で回答してくれるのでびっくり。ずいぶんと細かい対応するなと感心。申し込んでも良さそうだなと思えるまで質問するのも有りです。

私はずいぶん迷ったけど納得するまで疑問点を解消してから参加を決意。石橋を叩きまくって渡りました。(笑)


例えば出発地。私は地方に住んでいるんですが、どうせ成田空港発だけかなと思うワケです。いつものことだから。でも関西国際空港、中部国際空港、福岡国際空港、新千歳国際空港からの出発を選択することもできるんです。

それと、完全プライベートツアーと言うけど、どこまでプライベートなのか疑問に思います。だって一人で参加しても、移動の車とかは他の人と一緒なんでしょって。それが、本当に移動も個人ごとなんですよ。しかも、専属のガイドさんがついてくれて。

もうVIPの気分!!

旅行代金は結構するんじゃないの?と思いますよね。
3泊4日のコースで高くて26万円ですが、これが高いか安いかは個人の感覚だけど、実際にプログラムを体験すると、こんなに盛りだくさんの内容でこの値段は安いよねと思いました。でも、ほんとこればかりは人それぞれの価値観なので、断言はできないのですが、私の場合はリーズナブルというより格安だと感じました。
ちなみに、もっと安いプログラムや4泊5日に5泊6日のプランもありますよ。

申し込みも質問も体験談もこちらのサイトから利用可能です。
【女子の初めて海外一人旅】心と身体が甦るスピリチュアルステイ『リボーンプログラム』

こんな部屋に宿泊します♪
リボーンプログラムの部屋.jpg
nice!(1) 

女子.一人旅.海外で検索して旅行に行ってきました。 [リボーンプログラムの体験談]

トゥクトゥクからの眺め.jpg

このプログラムを知ったのはネットで、女子.一人旅.海外と検索すると出てくる上位に表示されていたツアーだったんです。

なんだろうと思って見てみたら、すごく情報がたくさんあって面白そうだった。気が付いたら参加者の体験談までしっかり読んでしまいました。

どうして一人旅を選んだかというと、社会人になると友人と休みをを合わせるのがうまくいかなくって、人に合わせるとスケジュールが短くなっちゃたりして嫌だなと思ったので、自分で自由にできる一人というのが最近は多い。

普通の個人旅、一人旅であれば他の旅行会社では選ばないプログラムの内容だったんです。カンボジアに行くなら抑えておきたいアンコールワットがあったのと、連日マッサージが受けられるのがすごく大きな魅力で決めました。⇒【女子の初めて海外一人旅】心と身体が甦るスピリチュアルステイ『リボーンプログラム』

カンボジアの少女.jpgこのツアーを終えてみて、経験できたことは今までの生活にはなかったものなのでどれも新鮮だったけど、なんだかんだで印象に残ったプログラムを一つ挙げると孤児院かもしれない。

テレビとかで見聞きはしたことあったので知っていたけど、実際に見るとまた格別。

私一人のために歌ったり踊ってくれたりして、すごいなと思って感激したんです。テレビで見てる分には、「頑張って生きてて偉いなとか哀れだな」ってどこか上から目線で見ていたかも。でも、実際に見てみるとみんな前向きに生きていてイキイキしているし、目もキラキラしている。

日本にいる私はじめとするまわりの方が目が曇っている気がした。そして、純粋に「生きるってイイな」って、生きてることだけでもすごいことなんだって気づかされました。


プログラム全体を通して、もうちょっと頑張っていこうという気持ちになりました。旅行の前は、正直、仕事がツラくって環境も変わったりで迷ったりしていることもあったんだけど、頑張ってみようって前向きになれました。

占い師さんにも励まされたし。手相からトランプから結果は全部良いって言われたんです。そんなに運に恵まれてたなら、その運を生かして頑張らなきゃとも思いましたね。



東南アジアは初めてだったので日本の衛生環境に慣れていたせいもあり、旅行前は健康面が心配でした。お腹壊すかなとか食事合わないかなとか思っていたんですけど、意外とぜんぜん大丈夫でした。

お水はミネラルウォーターでお腹を壊すこともなかったし、普通の料理も美味しくって口に合ったしで、全く問題ありませんでした。大丈夫でした。心配することなかったです。

言葉も英語は得意じゃないけど、日本人のガイドさんがずっと付いててくださったので心強かったです。いろいろ気も遣っていただいてありがたかったです。心細いことなんて無くって安心でした。



いろいろと今までとは考え方が違うものを見たり触れたり経験できたりして、これから生活の活力を貰った気がします。

私と同じように日本で生きていくことに疲れた人にはおすすめします。今生きてていろいろと迷ったりしている人も気分転換にいいんじゃなかなと思います。

【女子の初めて海外一人旅】心と身体が甦るスピリチュアルステイ『リボーンプログラム』
nice!(1) 

リボーンプログラムとは何でしょう? [リボーンプログラムについて]

友人や職場の同僚などにリボーンプログラムに参加したと言っても反応がまちまちだったりします。

知っている人は知っているけど、知らない人ははてながいっぱい飛んでる感じ。^^


というわけで、リボーンプログラムについて書きますね。

リボーンというから、文字通り生まれ変わるという意味なんだけど、知らない土地へ行ってスピリチュアルなイベントを通じて身も心も癒されましょう。そして、元気になりましょうって感じです。

特別過酷な修行をするとかではないですよ。


もうちょっと具体的に書くと、知らない土地というのはカンボジアなんですね。
あなたはアンコールワットの名前をご存知だと思いますが、まさに古い遺跡に行くんです。
他にも世界遺産を巡ります。それらはすごいパワーを持っているスポットで有名。

パワースポットで瞑想をしたり、厄払いや占いなどもしてもらいます。

食事はクメール料理を食べることができます。ハーブのお粥など伝統料理が味わえますよ。


この旅行のプログラムをどうして知ったかと雑誌。
ananにも載ってたし、それで興味を持ったんでネットで検索して調べたわけ。

たくさん体験談もあったのでとても参考になりましたよ。

リボーンプログラムのご案内
nice!(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。